飲み忘れに注意|通販で医薬品が買える時代に/低用量ピルの購入は個人輸入代行で

通販で医薬品が買える時代に/低用量ピルの購入は個人輸入代行で

薬の画像

飲み忘れに注意

低用量ピルは効果のあるお薬と偽薬に分けられているものもあり、飲み忘れ対策も出来るとはいえ、飲み会に行った、残業で仕事が忙しかったなど、なんらかの原因で飲み忘れてしまうということもあります。
こういったときはどうすればいいのでしょうか?

飲み忘れたのに気付いたタイミングが服用時間から24時間以内だった場合には、その忘れていた分を服用しておきましょう。時間が空けば空くほど効果が薄れるので、「気づいたらすぐ」というのがポイントです。
では24時間を回ってしまっていたらどうでしょうか?その際にもまだ大丈夫です。この場合は、その日飲む予定だった分と忘れていた分を合わせて飲んでおきましょう。
しかし、飲み忘れが48時間以上過ぎてしまっていた場合には残念ながらお薬の効果はもう期待出来ません。
諦めてピルの服用を中止しましょう。次の生理初日に改めて新しいシートから始めるまでは、コンドームなどを使い避妊をしておきましょう。

継続することで効果を発揮するので、毎日のことになってしまいますが、癖になっていても飲み忘れることはあります。意識の持ち方も重要ですが、飲み会や残業といった場合、自宅にお薬を置いていた場合は気付いても服用が出来ませんので、カバンの中に入れておくなどの方法が大切です。