1相性ピルと3相性ピル|通販で医薬品が買える時代に/低用量ピルの購入は個人輸入代行で

通販で医薬品が買える時代に/低用量ピルの購入は個人輸入代行で

薄橙の錠剤

1相性ピルと3相性ピル

低用量ピルにはさまざまな種類があるため、個人輸入代行を使って購入する場合はみなさんがどれを注文するか判断しなければいけません。
低用量ピルには1相性ピルと3相性ピルがあります。
これは低用量ピル内に含まれているホルモン量の違いで区別されており、この違いによって服用方法や効果にも差があるので注意しましょう。

1相性ビルの場合、服用期間中、低用量ピルのホルモン量が変わることはありません。
一方、3相性ピルの場合は、日数が進むにつれ、低用量ピルのホルモン量が3段階に変化していきます。
低用量ピルは21日間の服用期間と7日間の非服用期間で1サイクルとしています。
1相性ピルの場合はホルモン量が変わらないため、どの錠剤を服用しても支障が出ることはありません。
しかし、3相性ピルの場合、日数によって服用する錠剤が決まっているので、間違って錠剤を服用してしまうと効き目に支障が出てしまうのです。

ただ、3相性ピルにもメリットはあります。
ホルモン量が3段階に変化していることから、体内のホルモンバランスを徐々に変化させるため、より自然な状態で妊娠しない体を作ってくれるのです。
おかげで不正出血が起こりにくくもなっています。
1相性ピルを服用した場合は不正出血が起こりやすいので、みなさんに合った方の低用量ピルを購入するようにしましょう。

どの低用量ピルを服用するにしても、正しく服用しなければ避妊効果を最大限に発揮することはできません。
個人輸入代行を利用して低用量ピルを購入する場合、みなさんの判断がすべてです。
正しく避妊できるよう、慎重に利用していきましょう。