個人輸入代行とは|通販で医薬品が買える時代に/低用量ピルの購入は個人輸入代行で

通販で医薬品が買える時代に/低用量ピルの購入は個人輸入代行で

薄い黄色の錠剤

個人輸入代行とは

個人輸入代行とは、医薬品の取り扱いのみをおこなっている通販サービスのことです。
こちらでは処方箋医薬品の販売もおこなっているのですが、ここで気になるのが「処方箋なしで購入してもいいのか」ということです。
処方箋は医師が出すモノであり、ネット上で発行できるモノではありません。
そのため、処方箋なしで医薬品をネット注文することになります。
ただ、結論から言ってしまうと、違法性はまったくないサービスですので安心してください。

「医薬品を購入するためには、医師の出す処方箋が必要」というのはあくまでも日本でのルールです。
海外では適用されていないルールですので、海外から医薬品を注文する場合は処方箋がなくても問題ないのです。
個人輸入代行で販売している医薬品はすべて海外から輸入したモノですので、私たちが処方箋なしにネット注文しても大丈夫です。
また、海外から何かを輸入する場合、特別な手続きが必要になります。
本来個人がおこなえるようなものではないのですが、この手続きに関しては個人輸入代行業者が私たちの代わりに引き受けてくれます。
そのため、個人輸入代行で販売されている医薬品を購入する際に特別な手続きが発生することはなく、ふだん利用している通販サービスと同じ感覚で医薬品を購入できるようになっています。

ただし、このサービスは元々、海外で治療を受けていた日本人が、帰国後も海外製の同じ医薬品で治療を続けられるようにという目的で始まっています。
そのため、個人輸入代行を使って医薬品を購入する場合、必ず注文した本人が利用するためでなければいけません。
ここで購入した医薬品を、第三者に贈与してしまうと違法になってしまうので気をつけましょう。