避妊の重要性|通販で医薬品が買える時代に/低用量ピルの購入は個人輸入代行で

通販で医薬品が買える時代に/低用量ピルの購入は個人輸入代行で

1錠の薬

避妊の重要性

性行為はパートナーとお互いの気持ちを確かめるという関係性を維持するのにとても重要な行為です。
しかしそれは同時に妊娠をするという行為でもあるため、つねに妊娠の可能性にさらされているといえます。
とはいえ、それはたとえば子供が欲しいという夫婦であれば気持ちの確認と妊娠は同義にもなるものの、人によっては気持ちの確認はしたいけど妊娠はしたくないということもあるでしょう。
男女の在り方はさまざまです。

そんな二人にとって低用量ピルは非常に心強い味方ですよね。
男性はコンドームの装着を嫌がる傾向があります。性的刺激にこだわってしまうためです。妊娠の有無は男性次第というところもあるので、女性としてもまた予防しておきたい、そのための低用量ピルです。
卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロ)という、本来卵巣から作られる2つのホルモンと似た物質をお薬によって作り出します。
これにより脳は妊娠していると錯覚、卵胞の成熟と排卵とを止めるのです。排卵をしていないので精子が結びつくことは無く、つまり妊娠をしません。
こうったメカニズムにより避妊率はなんと99.9%とも言われています。

かといっても100%ではありません。避妊を確実に行いたいのであれば、男性もまた低用量ピルだけで安心せずコンドームを装着するなどしておきましょう。