通販で医薬品が買える時代に/低用量ピルの購入は個人輸入代行で

医薬品のネット購入

机の上の薬瓶と錠剤

私たち現代人にとって、通販サービスはたいへん画期的なサービスです。
これまで店舗にわざわざ足を運んで購入していたものでも、今はネット上で簡単に注文できるのです。
食材を購入したい場合などはさすがに近所のスーパーへ行くと思いますが、少し遠出をしなければ購入できないモノや、サイズが大きくて持ち運びが不便なモノを購入する場合は便利です。
最近はネット購入することで特典がついてくる商品などもあり、買い物がより便利に、そして楽しくなりました。

通販サイトではあらゆる種類の商品が販売されていますが、処方箋医薬品に関しては購入できませんでした。
これは購入するために処方箋が必須な医薬品のことで、必ず医療機関から処方してもらわなければいけないのです。
そのため、これまでは病気を患うたびに医療機関へ通院し、治療薬を処方してもらっていたのではないでしょうか。
しかし、病気・症状にもさまざまな種類があります。
中にはあまり人に言いたくない病気・症状もあるでしょう。
また、なかなか通院する時間が取れないことで、治療が長引いてしまうこともあります。
ですが、現在はもうこうした悩みに頭を抱えることはありません。
個人輸入代行という医薬品専用の通販サービスが登場し、あらゆる医薬品をネット上で注文できるようになったのです。

この通販サービスではさまざまな医薬品が販売されているため、私たちにとってはたいへんありがたいサービスとなっています。
避妊するために必要な低用量ピルも取り扱っているので、避妊しながら性行為をしたいと考えている女性はぜひチェックしてみてください。

個人輸入代行とは

薄い黄色の錠剤

個人輸入代行は海外から輸入した医薬品を販売しているため、処方箋が必要という日本のルールは適用されません。そのため、ネット上で注文しても違法性はなく、安心して目当ての医薬品を購入できますよ。

経済的負担の軽減

白と淡い青のカプセル

医療機関から低用量ピルを処方してもらう場合と、個人輸入代行を使ってネット注文する場合とで決定的に違うのが必要な費用です。大幅に節約して避妊ができるので便利ですよ。

1相性ピルと3相性ピル

薄橙の錠剤

低用量ピルには1相性ピルと3相性ピルの2種類があります。含まれているホルモン量の違いで区別されていますが、どちらを服用するかでメリット・デメリットが変わってくるので注意してください。

トピックリスト

1錠の薬

「通販で医薬品が買える時代に/低用量ピルの購入は個人輸入代行で」のトピックリストです。